2010-06-28(Mon)

熱い日々

こんばんは、マミヤです。

前回記事から十日、ぼんやりしている間にW/杯は凄いことになってました。歴史的勝利を上げられるか、日本!

……ただ、すみません、個人的にはそっちより自分のことで手いっぱいな感じでした(笑)。

何せ本を出すなんて初めてのこと、もちろん嬉しいですが、出た後は自分には何もできないんだなあと改めて気づいたり、いろいろ考えちゃってふさいでしまったり、気持ち的にはかなりジェットコースター状態。気づけば十日も経っておりました。

でも、あれこれ考えててもしょうがないんで、そろそろ前を向いて進もうと思います。感想を頂くのはとても励みになりますので、お待ちしております!

さて、「花丸天国」のほうでもちょこっと触れていますが、実は私、結構官能系のお話が好きです。今後は積極的に書いてみようかなと思っているのですが、何と言っても嗜好が極端に細分化されているBLの世界、ここまではOKだけどこれ以上は受け付けないというラインは、かなり細かく刻まれていますよね。

自分は、そのどのラインのあたりを行くか。考えるとまた深く思い悩んでしまいそうですが、もちろん楽しくもあります。めでたく形になった日には、ぜひよろしくお願いいたします。。。

以下、お返事です。


続きを読む

2010-06-18(Fri)

「あなたが欲しい~Je te veux~」本日発売です

本日、拙作「あなたが欲しい~Je te veux~」が、白泉社花丸文庫から発売されます。
とっても甘くて幸せなお話ですので、お気軽にお楽しみ頂ければと思います。
本屋さんでは、緋色れーいち先生のうっとり薔薇色なカバーイラストを目印にどうぞ!

新刊帯つきカバーはこちら。

あなたが欲しい帯付きmini



ちなみに帯をはずすと……

あなたが欲しいカバーmini

こんなふうに可愛いことになっています。

本についている「花丸天国」にミニインタビューを載せて頂いております。
こちらもぜひご覧になって下さい。

ではでは、どうぞよろしくお願いいたします!

お返事です。

続きを読む

2010-06-14(Mon)

その日を待つ日々

いよいよ今週金曜日、初めての文庫が発売になります。

数日前にどんな感じか実物を確認させてもらったのですが、何というかこう……ずっしりと重かったです(←内容ではありません!)。夢や希望や不安や責任がいっぱい詰まっていて、ちょっと他にたとえようがない不思議な重みでした。

私は文庫本が好きで、学生の頃などは毎日のように書店に行ってはあれこれ眺め、いっとき書店員として文庫本の担当をしていたこともあります。あの、基本的に同じ形をしているのに内容はどこまでもカオス、というところが好きなんですよね。面陳平積でずらーっと並べてあるのも、棚差しでデザインが統一されているのも整然としていていいなと思います。

だからもちろん、金曜日はとても楽しみなのですが、何となく見に行くのが怖いなあ、とも思います。お客さんとしてでも書店員としてでもなく、電信柱の陰から小さなわが子を見守る母的な感じで棚を眺めるのって……やっぱりハラハラしそうですよね。

そんな小心者なので、ちょっと行ってさっと見てこようと思います。皆さまも、小さなわが子(笑)を本屋さんで見かけた時は、ぜひ温かい目で見てやって下さい。拉致してレジまで連れていって頂けると、泣いて喜びます!

2010-06-07(Mon)

「櫻の園」ももうすぐです

昨日は久しぶりに合同誌「小説集 櫻の園」の打ち合わせに行ってまいりました!

メンバー内での最終確認が終わり、あとは印刷屋さんと最後の打ち合わせをしたのちに印刷が開始されることになっています。こちらのブログのリンクから本を紹介している特設サイトへ行けますので、まだご覧になっていない方はどうぞそちらへもお寄りください。

こちらに載せています私の作品は、「オーシャンビュースイートで口づけを」という作品で、今から二年半ほど前に書いたものです。今読むとかなり勢いで書いていて、いろいろなところが粗削りな感じもするのですが、私の作品の中ではこれが一番好きだと言って下さる方もいて、自分でも好きな話です。ある意味自分の原点と言える作品なので、ぜひぜひ皆様にも読んで頂きたいなと思っています。

今後の販売予定などにつきましては、また追って記事をUPします!

2010-06-03(Thu)

鰯100匹と格闘

このところ月記状態のブログでしたが、少しは普通に日常の話でも載せたら、とある方にすすめられました。なので、今日は本当に日々のことを書きます。

私の住んでいる地域では、毎年五月くらいから秋口までの間地引網が盛んです。地元の網元さんが網を入れてくれたものを結構な人数で引き上げるイベントなのですが、今日はちょうどその日で、鰯を100匹ほどお土産に持って帰ってきました。

鰯と言っても、カタクチイワシという下処理をするのが結構大変な小ぶりな鰯で、面倒くさがりの私は毎年とりあえず揚げていました。でも内臓や頭が結構苦く、持て余してしまうことが多かったです。

今年もそうしようと思っていたのですが、なぜかたまには真面目に下処理してみようかなと思い立ち、お料理に詳しい人に聞いてやってみました。頭、わた、背骨を取って氷水に入れていくのですが……やはり100匹は多かった。一時間半くらいかかってようやく全部開いたころには、指の感覚がなくなってました。

でも、やっぱり新鮮なものを刺身で食べるとおいしいですね。臭みも苦味もなくて、するする食べられちゃいます。食べきれないのが惜しいくらいでしたが、残りは半分を酢でしめ、半分を唐揚げにしました。来年は刺身を多くしよう。

以上、日常日記でした。

お返事です。

続きを読む

プロフィール

真宮藍璃

Author:真宮藍璃
BL小説を書いています!

ブログ記事、作品へのご意見・ご感想などございましたら、ブログ拍手コメント、メールフォームをご利用下さい。

その他のご連絡は、メールフォームもしくは上記アドレスまでお願いいたします!

予告なく記事の整理、削除を行うことがあります。

ブログ内容の無断複写転載等はご遠慮下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
真宮藍璃の本
Twitter
検索フォーム

Powered by FC2 Blog